VANGUARDトラベル三脚 VEO 2 264CBレビュー

今まで使用していた、Manfrottoプロ三脚からVANGUARDトラベル三脚に買い替えました。今回はこちら二本の三脚の比較と、VANGUARDトラベル三脚のレビューをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

VANGUARDの三脚に買い替えた理由

Manfrottoの三脚は重さ3kgもあって、持ち運びに不便を感じていたので、耐荷重がそこそこあって軽い三脚を探していました。調べている中で、条件に合っていたのが「VANGUARDトラベル三脚 VEO 2 264CB」でした。使用していたManfrottoの三脚は、ヤフオクで売却し、新しい三脚の購入資金になってもらいました。

Manfrottoプロ三脚との比較

比較を簡単にまとめました

VANGUARD VEO 2 264CB Manfrotto MK190XPRO4-3W
重量 1.3kg 3.1kg
耐荷重 8 Kg
6kg
伸高 125cm (全伸高 155 cm) 148cm (全伸高 173cm)
商品素材 カーボン アルミニウム
サイズ 4段
4段
雲台タイプ
自由雲台
3Way雲台
ハンドル なし
ハンドル2本

VANGUARDの三脚を使ってみて

良い点

  • 軽くてコンパクトなので持ち運びが便利
  • 付属の三脚カバーが折りたたんでしまえる
  • カーボンなので握っても冷たく感じない
  • センターポールを反転させてセットできるので楽

イマイチな点

  • 自由雲台で水平と垂直をセットするのに時間が掛かる
  • 脚レバーを回して伸縮するタイプなのでセットするまでに時間が掛かる
  • 軽いので、ちょっとした拍子に倒れてしまいそう

まとめ

Manfrottoの三脚と比べると、VANGUARDトラベル三脚は、重さわずか1.3kgなので移動中は全く苦にならなくなりました。撮影に行く時は、電車で移動するのでコンパクトなのも助かります。ただ、自由雲台に重いカメラとレンズを乗せると、セットするのに時間が掛かかったり、前にお辞儀してしまうので、今は3way雲台の購入を考えています。その他は満足しているので、大事に使っていきたいと思います。

\ 三脚の情報はこちら /

アクセサリー

Copyright© お散歩カメラ , 2020 All Rights Reserved.