私がNIKON D850を選んだ理由とD750との比較

今まで使用していたNIKON D750とお別れして、新たにD850を購入しました。今回は数あるカメラの中からD850を選んだ理由とD750との比較をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

NIKON D850を選んだ理由

今まで動画撮影については、4Kで撮影ができるSONY RX10M3をメインで使用していましたが、暗い場所でISO感度を上げて撮影するとノイズが目立っていたので、ノイズの目立たないカメラを探していました。色々調べている中で気になったのは以下3点のカメラでした。

  • SONY α7 III
  • Panasonic LUMIX GH5
  • NIKON D850

最近では、NIKONやCanonからSONY α7 IIIに買い替える人が増えているように感じます。SONY α7 IIIのフルサイズミラーレスは魅力的ですからね。
でも、今まで使用していたNIKONのレンズがとても気に入っているので、最終的にはD850を選ぶことにしました。

高感度比較動画

使用していたD750は?

使用していたD750は、カメラのキタムラのトクトク買取サービスで、約97,000円程で買い取ってもらいました。購入してから約2年が経ち、最近はシャッターの不具合でニコンのサービスセンターに無償修理に出したばっかりでした。今までD750とたくさんの作品を残してきただけに、手放すのは少し名残り惜しく感じました(泣)

D750との比較

D850とD750の比較を簡単にまとめました

D850 D750
画素数 4545万画素 2432万画素
高感度性能 常用ISO 64-25600・拡張ISO 32-102400 常用ISO 100-12800・拡張ISO 50-51200
画像処理エンジン EXPEED 5 EXPEED 4
連写性能 約7コマ/秒 約6.5コマ/秒
動画性能 4K UHD(3840x2160) 30pの撮影が可能 フルHD(1920x1080) 60pまでの動画性能
総重量 1005g 840g

D850にあってD750にない機能

  • 8Kタイムラプスムービー
  • フォーカスシフト(深度合成)
  • フリッカー低減
  • ライブビュー時のピーキング
  • 電子手ブレ補正
  • 液晶タッチパネル
  • サイレントインターバルタイマー撮影

サイレントインターバル撮影

メカシャッターの耐久性を気にすることなくシャッター音を出さずに撮影できる機能。

D750にあってD850にない機能

ミニチュア効果や、セレクトカラーといった撮影モードと、内蔵フラッシュ。

貂(てん)
ニコン公式サイトでも簡単に比較できるよ

D850の機能に関するQ&A

静音撮影とサイレント撮影の違い
静音撮影 サイレント撮影
撮影スタイル ファインダー撮影 ライブビュー撮影
シャッターを押した時の撮影音 静か 無音
フラッシュ撮影 可能 不可
タイムラプス動画とインターバルタイマー撮影の違い
タイムラプス動画 インターバルタイマー撮影
機能の概要 インターバルタイマー撮影を行い、カメラ内で自動的に動画ファイルを作成する。 インターバルタイマー撮影を行なった後、動画ファイルを作成するには動画編集ソフトが必要。
画像サイズ 最大 3840 x 2160 ピクセル 最大 8256 x 5504 ピクセル

D850を使ってみて

良かった点

  • 4K動画が撮れる
  • ISO感度を上げて動画撮影してもノイズが目立たない
  • D750で使用していたバッテリーが使用できた

イマイチな点

  • レリーズの差込口がD750と違って差し込みにくい
  • ライブビューで写真撮影をする時に、OKボタン押さないとシャタースピードの変更ができない
  • ピーキングをONにしているとディスプレイが見にくい

ピーキング

ライブビュー撮影時に、マニュアルフォーカスでピントを合わせたいとき、画面内でピントが合っている部分の輪郭を、カメラが自動検出して色付きで表示してくれる機能。

引用元:株式会社ニコン

まとめ

液晶タッチパネルでフォーカスを合わせられる機能は、今後頻繁に使いそうです。タイムラプス動画については、メカシャッターの耐久性を気にすることなく撮影ができるということなので、今後挑戦してみようと思います!

引用元:株式会社ニコン

\ D850の情報はこちら /

今すぐチェック

ブログ

Copyright© お散歩カメラ , 2020 All Rights Reserved.